読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

ララピポ

literature

ララピポは「a lot of people」の響きを単純化したもので、その名の通り、様々な登場人物がしぶとく生きている様子を描いている小説です。よくある群像劇というものなのか、伊坂幸太郎の「グラスホッパー」と構成が似ていて登場人物同士のつながりが面白いです。

ララピポ (幻冬舎文庫)ララピポ (幻冬舎文庫)
奥田 英朗

幻冬舎 2008-08
売り上げランキング : 33121

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読了後、ほぼ日の日野原重明氏の言葉をふと思い出しました。

「人は、何をしに生まれてくるのですか?」

人は何かをしに生まれてくるわけではありません。
生きているのが楽しくて幸せだと思えるように生きる、
そのために生まれて、生きているんです。

この小説も同じことを言っていると思います。幸せのカタチがどうであれ、誰もが人生の「主人公」を全うしている。同情できない人ばかりだけれども、どれも人間らしくて好きでした。

関連エントリー:

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.