読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

情報アーキテクチャの祭典「World IA Day 2014 Japan」が開催されます

action

今年も開催します、World IA Day Japan

f:id:separate-ks:20140124150839p:plain

World IA Day(WIAD)2014は、情報アーキテクチャのコミュニティに関わる人々を結集するための一日です。私たちはローカルコミュニティの中で、さらにはグローバルなレベルでもつながりを育んでいます。情報やアイデア、リサーチ結果を共有しています。そして来たる2月、本年も前回に引き続きエキサイティングで魅力的なIAイベントを通じて、それを実践することになりました。

f:id:separate-ks:20130215000253j:plain

WIAD では毎年全世界の共通テーマが設けられ、ローカルコーディネータを勤めさせていただいた昨年(World IA Day 2013 Japan)は「IA の価値体系を探求・拡大する」、というテーマを元に講演やパネルディスカッションなどが行われました。前回の様子公式 Youtube チャネルでもご覧いただけます。



World IA Day 2013 Japan - (1) 岡本 真 氏 - YouTube


今回で第3回目となる World IA Day のテーマは「IA Thinking to make the world a better place(IA思考を通じて、世界をより良くする)」です。


2014年2月15日、全世界にわたる24の都市で WIAD イベントを主催します。世界的に知られる IA(情報アーキテクチャ)*1 の頭脳に学んだり、交流を広げたり、新たなアイデアをお披露目したり、ローカルコミュニティ向けに企画された素敵なイベントです。みなさんの参加をお待ちしています!

f:id:separate-ks:20140124144633j:plain

申し込み

イベント申し込み / 懇親会申し込み

開催概要

日時:2014年2月15日(土)10:00〜18:00 (09:30会場) / 懇親会 18:00〜20:00
会場:東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター
参加費:一般 1,500円 / IA Institute 会員無料
懇親会:3,000円
主催: Information Architecture Institute

テーマ

IA 思考を通じて、世界をよりよくする (IA Thinking to make the world a better place)

プログラム

9:30-10:00 開場・受付

オープニング
10:00-10:10 World IA Day 2014開催にあたって/WIAD 村越悟

ー 第1部:記憶と視覚化:人々の活動を支援するIA ー

10:10-11:00 首都大学東京/渡邊英徳さん
11:10-12:00 SITE4D(株式会社サイトフォーディー)/隈元章次さん
12:00-13:20 昼食(近隣でとっていただきます)
13:20-13:45 スポンサーセッション
13:45-14:35 パネルディスカッション/渡邊英徳さん+隈元章次さん+WIAD 山本郁也14:35-15:05 コーヒーブレイク(会場にて用意します)

ー 第2部:環境:コミュニティスペースと知の創発 ー

15:05-15:35 kw+hg architects/比嘉武彦さん
15:40-16:10 トークセッション/比嘉武彦さん+WIAD 大林寛

ー 第3部:認識:情報の質的、量的、構造的変化を認識する ー

16:20-17:10 VisualComplexity.com/Manuel Limaさん

クロージング

17:20-17:50 クロージングディスカッション/WIAD 運営メンバー
17:50-18:00 クロージングアナウンス/WIAD 村越悟

懇親会

18:00-20:00 懇親会・アフタートーク(同会場にて)

関連エントリー:

*1:情報アーキテクチャ:「情報をわかりやすく伝え」「受け手が情報を探しやすくする」ための表現技術。Webサイト構築のプロジェクトにおいては、情報分類や構造設計などのデザイン上流工程を指します。

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.