UXploration

Explore the art of UX persuasion

ブログを閉鎖します

地球上のすべてのものは誕生、消滅、再生の連続です。常にバランスを維持しながらその場所に存在し、消滅とその先にある再生を待っているのだと思います。

そして、突然ではありますがこのブログを閉鎖しようと思います。5年の永きにわたりこのブログを続けることができたのもみなさまの応援のおかげと深く感謝しております。

このブログは閉鎖しますが、記事自体はこのままアーカイブしておこうと思っております。UXploration(UX+Explore)をテーマに細々と続けておりましたが、この先読者の方が日常業務のなかで困ったときなどにはここに書き留めた記事を読んでいただき、少しでもお役に立てれることができればこれ以上の幸せはありません。

当ブログを通じて関わることのできた、沢山の方々に感謝申し上げます。

では、またいつか。

Kazumichi SAKATA

エンタープライズ情報アーキテクチャ

EIA(エンタープライズ情報アーキテクチャ)とは「企業・組織(エンタープライズ)の全体俯瞰によるウェブの最適化を行うIA(情報アーキテクチャ)」です。

f:id:separate-ks:20140712121620j:plain

個々のサイトの情報設計ではなく、企業や組織が保有するウェブサイトや CMS、イントラネットなどを含めたシステムをまとめた全体像を取り扱うことが特徴です。

f:id:separate-ks:20140712120919p:plain

((c) EIA as Brand Strategy)

また、企業や組織全体のウェブに関わる業務や情報資産を俯瞰することで、個別部署ごとではなく、企業全体の「全体最適化」を行うことを目的としています。EIA が取り扱う問題は、主にウェブにおけるガバナンスや企業・組織が保有する情報資産の有効活用(共通情報の共有、効率的運用方針の策定、重複投資排除によるコスト削減)です。

EIA と「伝わるしくみ」

ぼくが所属するコンセントは「伝わるしくみ」をデザインする会社です。

最も重要なのは「伝わること」。
その単純で絶対的な目的のためには、同じく単純な3つのステップが必要です。

f:id:separate-ks:20110720155856j:plain

伝わるしくみとは:伝える手法の探求から、伝わるためのしくみの共有へ | ラボ | 株式会社コンセント

コンセントが考える EIA は、企業や組織が保有する情報資産を如何にしてユーザーに届けるか/伝えるか、正にその橋渡しとなる「しくみ」を設計・構築します。

この場合のユーザーは「エンドユーザー」のみならず、「社内ユーザー」も含まれます。ウェブサイトを運用する企業や組織内のコミュニケーションにおいて部門ごとのサイトが整っていなければ、統一したブランドイメージを保つことはできません。加えて部署ごとのサイトの回遊がコントロールされていなければブランドへの信頼が下がってしまいます。そのためには社内ユーザー間のコミュニケーションデザインも視野に含めなければなりません。

f:id:separate-ks:20140712115818j:plain

((c) 伝わるしくみとは:伝える手法の探求から、伝わるためのしくみの共有へ)

社内そして社外における「伝わるしくみ」を考え、共有することで全体最適化の推進によってブランド価値が向上するだけではなく重複投資が回避され、新たな機会創出へと繋がります。また、同時にエンドユーザーのストレスが軽減され、情報取得の効率が向上することで優れたユーザーエクスペリエンスを実現することができます。EIA は、情報に関わるすべての人々の「伝わるしくみ」を考えていくための方法論なのです。

f:id:separate-ks:20140712122739p:plain

(EIA は情報に関わるすべての人々の「伝わるしくみ」を考えていくための方法論)

まとめ

当ブログの過去の記事でも言及しましたが、実行性の高いプランニングと実行にうつすための企業や組織内での立ち振る舞い方。このふたつがなされない限り、サービスデザインをはじめとする当初の構想は絵に描いた餅に終始してしまいます。

f:id:separate-ks:20140712120053j:plain

EIA はサービスそのものを構造的に捉え、抽象度の高い戦略または構想を情報アーキテクチャの観点からサービスのモデル化を推進することで、ウェブのみならずサービスそのものに具体性を与えることが可能になります。

f:id:separate-ks:20140712120302p:plain

コンセントではどのように EIA プロジェクトを推進しているのか。詳しくはコンセントの広報用ウェブマガジン「サストコ」の EIA 特集をご覧ください。

実例で学ぶ「伝わる」デザイン

実例で学ぶ「伝わる」デザイン

  • 作者: 川崎 紀弘,アレフ・ゼロ
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
エンタープライズ・アーキテクチャ

エンタープライズ・アーキテクチャ

  • 作者: IBMビジネスコンサルティングサービスIT戦略グループ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2004/01/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

関連記事:

Design dot BEENOS 始動

BEENOS という「Startup Studio」をテーマにした、日本をはじめ、北米・インド・トルコなど7カ国80社以上に投資し、ウェブにおけるエンジニアリング・デザイン・マーケティング・マネジメント・データ解析に関する支援や育成プログラムを実施している会社のデザインチームと共同で、新企画をはじめました。

f:id:separate-ks:20140709190709p:plain

その名もDesign dot BEENOSです。主催者のひとりである山本 郁也氏は言います。

特にスタートアップ業界に至ってはデザイナーの人口が少なく、加えて肩身の狭い思いをし、本来であればビジネスと密接に関わるが故にデザイナーとしての価値の発揮に最も適している環境にも関わらず、多くの悩みや課題を抱えているのではないかと思うことがあります。

海を渡れば、そこは歴史上で最も多くのデザイナー達が意味あるインパクトを生むためにスタートアップへと転身し、EtsyPinterestSquareAirbnb といった今話題のスタートアップの創業者ないしは共同創業者として活躍しています。

彼らのように、デザイナーはセルフプロデュース力が高く存在感を示せるものの、特に日本においては社会的にまだ本当の価値が見出されていないのではないでしょうか?日本のデザイナーは世界的にみてもレベルは決して劣っていないのですが、業務範囲が制限されることでその可能性が引き出せずにいます。

結果としてデザイナーとしての労働対価に見合わない仕事のみを担当するようになってしまい、デザイナーないしはデザインそのものの存在感が薄れてしまいます。

デザインコミュニティの形成と、その先の未来をより良くしたいという BEENOS のビジョンに共感し、主催者のひとりとして定期的にウェブ業界に身を置くデザイナーの方をゲストとしてお招きし、デザイナーの存在意義やその価値について再確認する場(イベント)を開催していく予定です。やがてはウェブ業界に留まらず、様々なひとの「Design dot (You)」を引き出せればと考えています。

関連記事:

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.