読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

「UX Japan Forum 2014」を開催します

annoucement

全国各地の UX コミュニティーが集結する真夏の HCD/UXD イベントUX Japan Forum 2014が7月20日(日)に開催されます。

f:id:separate-ks:20140705134802p:plain

モノやサービス、情報が溢れかえっている時代において、あらゆる業種や業界で HCD/UXD の重要性が語られています。個人の経験や一企業の取り組みだけでは、なかなか知見を積み重ねることは難しく、HCD/UXD を社内ないしは社会で推進する上で様々な課題に直面することが多々あります。

同じような取り組みが実際多くの企業または人たちの間で行われていると思います。ただし問題は、似たようなことが行われていたとしても必ずしも体系的ではないために途中で挫折してしまったり、実践者の我流で行われていたために、他の人には理解できずに社内で広がらなくなっていたと思います。

f:id:separate-ks:20140705135649j:plain

UX Japan Forum 2014 では、そんな現在の日本国内における HCD/UXD のこれまでとこれからについて、暗黙知を形式知化にして共有化を進めるために参加者のみなさんと語り、追求していきたいと、日本の各地で HCD/UXD を学び、推進している有志が集まり企画しました。第1回となる今回は、「栄 UX」が運営主体となり、愛知県は名古屋市で開催されます。

ぼくもその内の1人として、東京を中心に活動しているインターネット・メディア企業でユーザエクスペリエンス設計業務を担当する人が集うコミュニティーShibuya UX、そして次代のより良いデジタルインフラ構築に貢献する知のネットワークを構築し活性化することをミッションに掲げ、活動しているUX Tokyoの主宰者として関わらせていただいています。

f:id:separate-ks:20140705135704j:plain

当日には「ユーザエクスペリエンス・デザインの破壊と再生」と題したセッションを担当します。同じく UX Tokyo の山本 郁也氏と共に Web 業界における HCD/UXD の既成概念を打ち破り、本当のユーザエクスペリエンスを考える場合に今後求められるであろう視点やスキル、マインドセットについてサービスデザイン事例を基に参加者のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

f:id:separate-ks:20140705135828g:plain

ほかにも HCD-Net 理事/千葉工大の山崎教授をお招きし、「UX思考」をテーマとした話題提供をいただきます。イベント当日では全国各地から集まる UX コミュニティーの代表者や参加者のみなさんとの交流を通じて日本全土における HCD/UXD への共通理解を構築していければと考えています。

日時:2014年7月20日(日)
会場:トライデントコンピュータ専門学校(愛知県名古屋市)
参加枠:100名
参加費:3,000円(当日支払い)
主催:UX Japan Forum 2014 運営委員会
後援:NPO法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net)
協賛:株式会社アクアリング学校法人 河合塾学園 トライデントコンピュータ専門学校株式会社イークリエイト

ぜひ、奮ってご参加ください。

f:id:separate-ks:20140705140545p:plain

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.