UXploration

Explore the art of UX persuasion

デザイナーからプロダクトマネージャーへのキャリアパスの探求

約2年ぶりの、久々の投稿です。この空白期間、僕は Pivotal Labs Tokyo という会社でプロダクトマネージャーとして仕事をしていました。いまも、変わらずにプロダクトマネージャーとして楽しい1日を送っています。

よく活動休止をしていたバンドが充電期間を得て復活!というニュースを耳にしますが、この記事をいま書くにあたって同じような心境にいる気がしています。この2年間はもちろんのこと、社会人になってから10年以上のキャリアを遡って故 Steve Jobs が口にした、Connecting the Dots を実践してみようと思ったことがきっかけで、いまこの記事を書いています。

その過程で僕が辿り着いたひとつの結論は、デザイナーからプロダクトマネージャーへのキャリアパスは、ありと言うことです。デザイナーないしは UX デザイナーのキャリアパスの先にあるものはなにか、という問いに対するひとつのアイディアになればいいな、と思っています。

f:id:separate-ks:20151225113414j:plain

これまでのキャリア・フロー

ざっくりとまとめると、僕のキャリアは以下の通りに流れていきました。

  1. ビジュアルデザイン:バナーや特集ページなどをデザイン
  2. IA(インフォメーション・アーキテクト):特集ページやウェブサイトの画面設計
  3. UX デザイン:ウェブサイト全体のリニューアルとプロジェクトマネジメント
  4. 経営企画:新規事業の立ち上げ
  5. UX 戦略:ユーザーセグメントごとの中長期戦略設計

いま振り返ってみると、自身がやりたかったことへの本質に近づいてきている気がしています。

  • ウェブサイトのレイアウトやサイト構造を設計していると「誰のために」つくるべきか?という問いにもっと関わって行きたいと考えるようになり、
  • UX デザインを基軸としたリニューアルを担当していたときは「なぜ」つくるべきか?という問いにもっと関わって行きたいと考えるようになり、
  • 新規事業をゼロから立ち上げた際は「正しいもの」とはなにか?という問いに関わって行きたいと考えるようになり、
  • ウェブサービスの中長期戦略を設計していたときは「どのように」つくるべきか?つくり続けていくべきか?という問いに関わって行きたいと考えるようになりました。

そして、これらの WHAT? FOR WHOM? WHY? HOW? の問いが共通の思考回路となっていました。この問いへの最適解を追求し続けたいという想いがあって、いまに至るのだと思います。

火付けとなったコミュニケーション

今日、サービスデザインの普及によってビジネスとデザインが少しづつ融合し始めていると感じています。そのハーモニーは、僕は当時から特に意識していたこともあって、いまとなってはとてもワクワクしています。

しかし、ここにくるまでは、デザイナーないしは UX デザイナーとしてのキャリアが最も長かったこともあり、ユーザー視点の重要性を強く主張しすぎるあまりに、事業サイドのチームとよく対立することがありました。

そして、組織体系として事業を横断してプロジェクトにコミットしていく、いわゆるコストセンターとしての横串組織に属していたため、十分に自身の価値を発揮することができていないと、自分を攻めたときもありました。

  • ユーザーリサーチを実施するための時間とコストは確保できているのか?
  • この機能は本当にユーザーのためになるのだろうか?
  • リリースした後のユーザーの反応はちゃんと見ているのだろうか?

このような問いが常に頭をよぎり、敵対的、反抗的、と言われてもおかしくないコミュニケーションが続いていました。ところが、いま思い返すと、自分自身がコミュニケーション先の相手のことを理解しようとしていなかったような気がします。

そこで僕は思いました。自らが事業側にシフトしてプロダクトやサービス開発に関わっていけば、その理由がわかるかもしれない。

それがきっかけとなって、プロダクトマネージャーという仕事に出会いました。

プロダクトマネージャーとしての脳トレ

僕はいま、サンフランシスコに本社を置く Pivotal Labs Tokyo という Lean XP の思想をもとにクライアントと一緒にプロダクトをつくる、アジャイル開発コンサルティング会社に勤めています。詳しい内容は Pivotal Labs Tokyo のブログを覗いてみてください。

medium.com

僕がこれまで出会うことがなかった、Pivotal Labs が推奨している Lean XP というソフトウェア開発のメソドロジーは、自分が抱いていた課題感を払拭してくれました。詳細は前述のブログで触れますが、特徴としては以下のようなものがあります。

  • ビジネスとユーザー双方の視点から解決すべき課題の優先度をつける
  • 解決すべき課題は、ユーザーの観点から捉える
  • 優先度はビジネスバリューが高い・低い に加えて ユーザーバリューが高い・低いで考える
  • 優先度が高いものからひとつづつ開発をする
  • 開発を小さく進めてリスクを最小限に抑える
  • ユーザーからのフィードバックをもとに続けるか/見直すか/止めるかを判断する

Pivotal Labs のプロダクトマネージャーはざっくり説明すると、ビジネスに特化した視点でプロダクト開発に携わるポジションで、ビジネス上の課題を解決するためのプロダクトとはなにか、というマインドを常に保つ必要があります。このマインド・シフトは現在も進行形ですが、ビジネス上の課題は、ユーザーが直面している課題が数値などによって反映されたものとして捉えると、ユーザーの課題を解決することはビジネス上の課題を解決するに等しいということも言えるのではないでしょうか。

終わりに

Pivotal Labs のプロダクトマネージャーとして働き初めて約2年、過去に僕が直面していたビジネスニーズとユーザーニーズの対立によって生まれる摩擦を最小限に抑えるための手段が、ここに来て増えていきました。どちらか一方という会話ではなく、可能な限り、双方にとっての Win-Win な状態をつくりだすにはどうすればいいかというコミュニケーションが中心となっていることを肌で感じています。

視点は違えどユーザーの課題という共通言語は保ちつつ、全部はできないというサービス開発の前提に立つことが最も大事で「ならばどれから着手していこうか」というその場で発生する会話は対立ではなく、協議に等しくなっていきます。ユーザーにとって価値のあるプロダクトやサービスを開発・運営していくことは関わる者であれば誰もが望むことだと、プロダクトマネージャーになって思いました。だからこそ、プロダクトマネージャーはデザイナーのキャリアパスの行き着く先として、ありだと思います。

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.