読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

有料でみるYouTube/HTML5でみるYouTube

antenna

YouTube から興味深いニュースが2つ入ってきました。1つ目は無料動画配信/共有サービスとして注目を浴びてきた YouTube がビデオレンタルサービスを開始するというニュース。GoogleYouTube を買収した当初、Google Video と競合することからビデオ・オン・デマンド・ビジネスへの期待感は相当高かったようで、ついにそれが現実のものとなるようです。

"Still, YouTube’s decision to dip its toes in online rentals represents a significant, if expected, shift for the online video site. YouTube has thrived by offering an eclectic collection of free video clips and earns most of its revenue from advertising. YouTube already offers some older, full-length movies on its site free."

既に有料化されているコンテンツが一部あるようですが、「映画をレンタルする」という行動同期に紐付けた新レンタル・ビジネスモデルを予定しているとのこと。支払は、(初めて知ったのですが)「Google Checkout」アカウント経由で可能になるようです。「無料の価値」をマーケットに浸透させることで CGM として普及した YouTube が、有料サービスに本格的に参入することへの影響度は高いはずです。近日中に同社サービスで開始する予定なので、ウォッチしていきたいと思います。

2つ目は YouTube が一部のビデオで HTML5 をサポートしたこと。結果として Flash のようなクライアントサイドのプラグインなしでもビデオやオーディオの再生機能を使って視聴することができてしまいます。

"HTML5 is a new web standard that is gaining popularity rapidly and adds many new features to your web experience. Most notably for YouTube users, HTML5 includes support for video and audio playback. This means that users with an HTML5 compatible browser, and support for the proper audio and video codecs can watch a video without needing to download a browser plugin."

YouTube HTML5 Video Player のページにて HTML5 ベータ版でテスト用の動画を確認することができます。*1ただし、視聴には HTML5 の機能を実装しているブラウザ:ChromeSafari、IE上の ChromeFrame だけになります。この目的はオープン・スタンダードとしての HTML5 の普及に他なりません。YouTube 公式ブログでも発表されていましたが、HTML5 の標準化に向けた運動を全面的に推し進めていくとのことです。

ユーザは Flash ではなく HTML5 で視聴しているという認識は実感できないと思いますし、個人的にも「だから何?」といった印象を受けます。

ただ、ブログやウェブサイトに埋め込むことが出来る YouTube のスクリプトが HTML5 になれば、必然的に HTML のスクリプトも HTML5 をサポートするようになります。無意識レベルで浸透させることで無力感を仰ぎ、将来的にシェアの拡大へと繋げていけるのであれば、これはクリティカルな仕様変更だと、考えます。

関連エントリー:


*1:YouTube HTML5 Viewer でも任意の動画を HTML5 でご覧いただけます。

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.