読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

2010年のキーワード - New Year's Resolution

keyword

親しい友人内ネットワークで毎月共有している当月の10の Keywords ですが、今月は新しい年の幕開けということもあるので、2010年のキーワード(といいますか目標)を1つ設定することにしました。

まず、tumblr にもポストしたのですが、英ハートフォードシャー大学で心理学を研究するリチャード・ワイズマン教授による新年の目標を達成させるための10のアドバイスを参考にしてみることに。

  • 目標は1つだけにする。
  • 数日じっくり考える。
  • 以前立てた目標は避ける。
  • ごく普通の目標にする。
  • 細かくポイントを設定し、1つずつクリアしていく。
  • 自分にプレッシャーをかけ、サポートを得るために友人や家族に目標を話す。
  • 定期的に「達成するとどう好ましくなるのか」を書き出し、利点を考えるようにする。
  • モチベーションと進歩の感覚を守るため、1つのステップをクリアしたら自分にご褒美を与える。
  • 達成までの計画やプロセスを記録し、グラフや絵を使って分かりやすく示す。
  • 心が折れそうなときは諦めるのではなく、一時的に前の習慣に戻ったと解釈する。

via. 8割近くの人は新年の目標達成できず、「成功の秘訣」を心理学者が指南

NHK の大河ドラマ「龍馬伝」を火付けに、今年は坂本龍馬で盛り上がりそうな気配があるので、龍馬にちなんだ目標を1つ設定してみます。それは、

夢想家とリアリストになる。

龍馬は、リアリストとして現実を受け入れながらも、夢想家として薩長同盟に向けた計画を立案し、思いやヴィジョンを中岡慎太郎らに語ったことで薩長同盟を成立させました。

坂本龍馬が成し遂げた上記のような偉業は、夢想家とリアリストとしての目標を兼ね揃えていたからこそ実現させたのではないでしょうか。

龍馬ほど大きな革命を起こすわけではありませんが、客観的視点から現状把握し、ヴィジョンを描き、利点を洗い出し、仲間に共有し、実践する、この一連の流れとボイントを体系化していきたいと考えています。

This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.