読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

サイボウズLive

antenna

昨日ベータ版として発表されたサイボウズグループウェア「サイボウズ Live」を使ってみました。

サイボウズLiveのコンセプトは「セカンドグループウェア」。家族や友人、地域コミュニティー、そして社外とのコラボレーションに、グループウェアを使ってもらおうというわけだ。今まで、社内でのコラボレーションはグループウェアで円滑に進んでいたものの、家族とは携帯電話やメールだけでやりとりをするなど、ちょっと前時代的なコミュニケーションだったのが、サイボウズLiveを使えば気軽に、誰とでも情報共有ができてしまうというわけだ。
via. サイボウズが無料に!? 家族や友達と使えるサイボウズLive

複数グループの作成機能が備わっているようで、今までのサイボウズ製品と最大の違いがここにあると思います。登録されているグループメンバーはアドレス帳として管理されており、ケータイ電話や iPhone 対応もされているので、メールだけで使うという手段もアリだと思います。

もちろんこうしたソーシャルグラフを収集・独占しようというビジネスモデルには、既にGoogleFaceBook、Microsoft、Mixiなども目をつけ着手済みで、サイボウズはここへ殴りこみをかけるわけだが、サイボウズLiveの画面は、サイボウズらしく日本的で見やすいし得意の日本人が大好きなスケジュールインターフェースをもってすれば確かに日本ではデファクトスタンダードの座を勝ちとる可能性は十分にある。
via. サイボウズLive発表:ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦:ITmedia オルタナティブ・ブログ

サイボウズ Live では登録ユーザの経歴がプロフィールとして公開されているので、個人的には LinkedIn のようなビジネス SNS としての地位を築いて行って欲しいと思ってます。また、グループウェアとしても、今後は機能拡張が必要だと思われますが、既にサイボウズ Office との連携や iPhone アプリの開発といった構想が出来上がっているようなので、正式にサービスインされる2010年の春が楽しみです。

関連エントリー:


This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.