読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

GREEのミニブログ - 今のキモチをひとこと

antenna

2009年11月上旬に GREE のPC版がリニューアルされるようです。それに先駆けて、新しいPC版 GREE のβ版が昨日26日に公開されました。

PC版でもナンバーワンのコミュニティサービスを目指していくために、1.リアルタイムなコミュニケーションの活性化、2.エンターテインメントコンテンツのラインナップ強化、3.「Twitter」連動/「iPhone」対応による新しいユーザー層の利用促進を図っており、今まで以上にユーザーの皆さまがコミュニケーションを楽しんで頂けるサービスへと進化いたします。
via. GREE、PC版リニューアルでリアルタイムSNSへ

GREE もついにリアルタイム・コミュニケーションに乗り出しました。サイバーエージェントが先日発表した「Amebaなう」mixi の「mixi ボイス」など、Twitter に代表されるリアルタイム・コミュニケーションの実現を目的とした SNS 各社のリニューアルが続々と発表されています。

「Amebaなう」の詳細がまだ明かされていませんが、ブログ・メディアの参入は市場に大きなインパクトを与えるのではないかと考えています。30万人以上のアクティブ・ユーザが1,500人以上の芸能人ブロガーを筆頭にリアルタイム・コミュニケーションに流れ込むことになれば、「ブログ」というメディアの有用性は衰えていくのではないでしょうか。

Twitter との連動を強化することが今後の課題として挙げられていますが、国内の SNS はオープンのようでクローズドな空間のため、Twitter 上で活性化しているオープンなコミュニケーションに適応しにくいというデメリットがあります。Twitter は、API も公開されマッシュアップコンテンツが存在し、グローバルで社会インフラやプロモートツールとしての活用もかなり本格的になりつつあるソーシャルメディアであるのに対し、GREEmixi は登録していない場合は見ることが出来ないため、連携後はクローズド空間内のミニブログとなってしまう点がボトルネックです。

しかし、利用用途や年齢層も異なることから、認知度が高く圧倒的なモバイル利用ユーザ数を誇る国内 SNS のミニブログの独自開発が進めば、いずれも Twitter を上回るサービスとして急成長していくと思われます。ただ、Twitter にはセレンディピィティが起きやすいうメリットがあるため、乗り換えはしばらくお預けです。

参考エントリー:


This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.