読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

しんぼる

image

http://symbol-movie.jp/

一度も我に返らずに、大笑いしながら観賞しました。「しんぼる」は、前作「大日本人」と同様に非現実ではありながらも、海外を視野に入れて製作されていたからか、現実的なシーンがより多く含まれていました。所々、直球すぎるとも思いましたが、全てを肯定して観ないといけない覚悟は変わりません。

松本人志ならではのユーモアのセンスを交えながらも、言葉を使わずに表現する「無声劇」を模索されていたように思います。言葉によって具体化されていない監督の世界観を、自分の中で消化するにはまだまだ時間が掛かりそうです。

内容は薄いのに、長時間に渡って引き伸ばしている最近の映画に比べると独自性がはっきりと観えているので、映画館で観賞する価値は十分あると思います。松本人志監督が映画界の新たなシンボルとして注目される日は来るのでしょうか。

関連エントリー:


This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.