読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

檸檬のころ

literature

地方の高校を舞台に、ごく当たり前の高校生たちの日常を描いた気持ちのいい短編青春小説です。

檸檬のころ (幻冬舎文庫)
檸檬のころ (幻冬舎文庫)
おすすめ平均
starsあるある
stars一瞬のきらめき、檸檬のしずく
stars高校時代はいいもの
stars私だけの「檸檬のころ」
stars平凡な日常が檸檬色に染まってゆく

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

部活、通学路、放課後、学園祭、上京―。「ふつう」の高校生の感情や行為が輝いて見えました。その「輝かしいもの」とは一体何なのか、ということを考えされられた作品でもあります。「ふつう」なのに、ではなく「ふつう」だからこそ輝けるものがあり、「ふつう」だからこそ、それらは輝くことができるのだと思いました。ではその「ふつう」は何なのか?作者が訴えかけているメッセージはここにあると思います。本作を通じて、読者自身の「檸檬のころ」を導き出して欲しいのだと思います。

読み終えた後は、檸檬のような甘酸っぱい後味が残ります。あぁ、高校生活に戻りたい。

関連エントリー:


This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.