読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXploration

Explore the art of UX persuasion

浮世でランチ

literature

でも私は「同性だからって、いちゃいちゃしたくない。距離感に繊細になりたい」と思って、必要以上に女の子と仲良くしてこなかった。 - pp59

気の合う人を側に置き、意見の合わない友達からは離れる。正に日本人気質。けれど、不器用ながらも自分の価値観で人と接し、成長していく主人公。

そうして、私と神様の文通は始まった。 - pp99

宗教ごっこを通じて神様の存在を信じていたが、大人になると神様の気配すら感じることなく、祈ることも止めた主人公。

デビュー作「人のセックスを笑うな」以来2年ぶりとなる、山崎ナオコーラさんの新作「浮世でランチ」に登場する14歳と25歳の女性です。無力だと悟り、自分に自身がなくなる時期と、自分の核が形成される時期のバラレル・ワールドを描いている山崎ナオコーラさんの感性は、14歳だと思います。

浮世でランチ (河出文庫)
浮世でランチ (河出文庫)
河出書房新社 2009-08-04
売り上げランキング : 61674


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連エントリー:


This work is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Others, like quotes and images belong to its original authors.